前言撤回日記

Post PostScript

100520monroe01.jpg
100520monroe02.jpg
前回に引き続きタイトルにPostって言葉の入ったPostです、とか書くともう意味不明。

最近はAdobe製グラフィックソフトも十分スクリプタブルになってきて、JavaScript、AppleScript、VBScriptでかなりのところまで操作できるようになった。

こうなるとPostScriptなんてウジウジやってられないのであり、年に一度、年末にしか使わないスキルなど単なる持ち腐れである。

JavaScriptはWebの仕事で馴染みがあるし、なにより開発環境やデバッグ環境、実行環境としても断然やりやすい。Scriptographerなんてオモシロそうなプラグインもある。

というワケでこれからはPostScriptさんには裏方として働いていただきますので今後ともよろしくお願いいたしますと思ったりした。

まだJavaScriptで数万単位のオブジェクト扱ったこととかはないのだけれども。

postcard 2010

100519postcard.jpg
あけまして5月です。もうじき半年が経とうとしています。バカか。

昨年末は押せ押せムードで時間が足らず、今年の年賀状は若干手抜きになった。
手抜きというか、ここ数年は毎回手書きPostScriptによるタイポグラフィが基本テーマだったのだけれども、今回はPostScriptはぜんぜん書いてなくて、パスの長さを調べるのにJavaScriptを使っただけ。

本来ならばここから可読の境界を探る的な段階を踏むべきなのに、あいにく時間切れでそこまでもいかなかった。しかもオフセット印刷の入稿期限はすでに過ぎていて、オンデマンド印刷しかできず。
それにしても、まだ勤め人だった10年くらい前に試したことがあるオンデマンド印刷、当時と比べてやはり技術は進歩しているのだなあ、という実感がある。

コレを受け取った友人から、毎度年賀状がおもろいけど池田亮司とか好き?と言われたが、寡聞にして存じませんでした。
the official ryoji ikeda web site

おお、なるほど、ちょっと好きかも。
まあ、好きって言うことであれば国内だけ見ても杉崎真之助さんとか大杉学さんとか好きな作風の人いっぱいいます。

SHINNOSKE INC. WORK
702 NANAMARUNI DESIGN WORKS

不惑

090617kindosan.jpg
40歳になりました。
きんどーさんと同い年。いつかは来ると思ったがホントに来るとはなあ。

惑わず、と書いて不惑ですよね。

若い頃は自分の知っている狭い世界が世界のすべてだったから、その自分の見知った範囲の中であらゆる事を断定的にジャッジできた。
何事もなしていないケツの青いガキのくせに他人を断罪するなどお手の物。
友人知人親類縁者の意見は言うに及ばず、政治経済教育創作、すべての物事にケチを付けた。

それがいつ頃からだろうか、自分の知っている世界の狭さ小ささに遅まきながら気がつき、何一つ断定的な事が言えなくなっていった。
あらゆる物事は独立して存在するワケではなく、また事実も切り取る角度、見る視点が無数にある事を知った上では、あらゆる意見に「個人的には」とつまらないエクスキューズを入れずにはおれない。

凡俗は、不惑の境地とはほど遠く、年を追って惑うこと増すばかりである。
いつかはあらゆる事に達観して、胸を張って不惑と言える日が来るのかしらん。

来年はついにバカボンのパパに並ぶ。
これでい〜のか?

TAKEO PAPER SHOW 2009

090522papershow.jpg
ひと月ばかり前の話になるが、TAKEO PAPER SHOW 2009に行ってきた。

今年は例年にない試みで、完全事前登録制のセミナー形式である。
セミナーと言ってもスピーカーが30分にわたって一方的に話し、質疑応答は無し、撮影も録音も無しというスタイル。

通常、竹尾ペーパーショウは紙の専門商社である株式会社竹尾が、新製品のお披露目も兼ねて実力派のデザイナーに企画を任せ、デザインと紙と時代の関係にひそむ注目すべきテーマや、紙の持つ新しい可能性などを提示する、示唆に富んだ展示を行ってきたワケである。
けれども、ここへきて世界は経済的に大きな混乱を生じ、その混乱に対していかに向き合うかという問いが製紙業界においても切実なものとなった、という事なのだろう。

各講演内容は5/31までという限定付きでネット上に動画としてアップロードされている。
http://www.takeopapershow.com/

A 製品、B メディア、C 感性と三つに分かれたテーマの中で僕の受講したのはBのメディアである。
スピーカーは東大準教授の水越伸さん、コラムニストの小田島隆さん、編集者の都築響一さん、岩波書店社長の山口昭男さん、DNPの鈴木英之さん。

基本的には新聞なども含めた出版の現状と今後、メディアとしての紙の役割に関する歴史的変遷、表現という行為の本質、紙と新しいメディアによる展開、などといった内容。

特に刺激的だったのはやはり都築響一さんの講演だろうか。
というか都築さんのプレゼンテーションが非常にうまく、話に引き込まれてあっという間に終了してしまった。
ただ、テーマから言うと非常に身も蓋もない話であり、表現したいものを持っている個人や企業にはメディアの多様化は好条件として働くであろうけれども、こと「紙」という側面に絞った場合、例えば竹尾の商うような高級商材としての紙はそうとう厳しい戦いを強いられるだろうと予想させた。
そこにはユニクロと百貨店の明暗を見ればクオリティ追求による差別化が進むべき方向ではない事は明らか、という示唆も含まれる。

岩波書店の山口社長は他者の言葉や事例を数多く引用しつつ、紙や書籍の「魅力」を感覚的に繰り返し説かれるのだが、そこに示されたマーケットのデータから読み取れるものはなかなかその感覚を裏付けている、とは捉えにくく、出版社社長という立場上、どうしてもポジショントークに見えてしまうあたりがいかにも残念だった。
山口社長の説く紙のアドバンテージは確かにあるとは思うのだが、大切なのはそれを説得力を持って市場にアピールし、浸透させていく事だろうと思う。
そしてそういった広報活動をやっていくにあたってはやはり紙以外のメディアを積極的に使って、という事が必要になるはずであり、ネットやケータイ、あるいはテレビ、映画、演劇、スポーツ、音楽などが紙メディアを通じてその魅力をアピールしたのとまさに逆の浸透を促さねばならない。

DNPの鈴木さんは最後ギリギリにAR(拡張現実)に関する興味深いプレゼンテーションがあったのだが、前半に自社サービスの宣伝に時間を使いすぎて若干消化不良。

小田島さんはリテラルな情報をグラフィカルな情報に変換するというレイアウトの機能、グラフィックに対する人間の処理能力の驚異、そこから新聞の一覧性、ブラウザビリティの持つWebに対する優位性を説く。
また、新聞を読む際の「ブラウザビリティを活用する能力」そのものの向上(速読とか)と「紙メディアの情報にアクセスできるという逆説的な優位性」が今度は受け手・ユーザー自身に差をもたらすのでは、という指摘も。

水越さんの身体とメディアの関係性から見直す、という視点も興味をそそられる。人がメディアと遊ばなくなるとメディアが硬直化してくる、という話を新聞紙でカブトを折るという経験を通して語られたが、そういう意味ではWebもこの10年でかなり硬直化してきているという事になるだろう。
ここを初期の混沌に立ち戻って別の進化を探るというのもひょっとすると可能性があるのかもしれない。

といった具合で各講演ともさまざまな可能性について言及しつつも紙メディアの具体的な未来像はおのおの考えておくれな、という話であり、なかなかに悩みは深いと言わざるをえない。難儀よのう。

あとは現場で観ていない講演を動画で順次チェック中。深澤直人さんの動画はUPされないのかしら。

Peter De Jong Attractor with AS3.0

090411peterdejong.jpg
ジワジワと描画されます。停止・再描画は画面クリック。


なんかあいかわらず書くこともないので今さら感あふれるエントリーでお茶を濁す。

昨年、FlashをCS4の販売直前にCS3にアップデートした。我ながらアホかと思うものの目算が外れただけで何の考えもなしにそうしたワケではない。他人様にはどーでもいい話であるが。

で、実際にはアップデート前からさして不満はなかったのだけれども、ActionScript3.0もそろそろやっとかないとキャッチアップできなくなる、という危機感から購入してみたという。Flexなどやってられん。

その後しばらく時間を投資して多少は慣れてきたので、以前にActionScript2.0で作ってココに載せたPeter De Jongアトラクタをプロットする作例を3.0で書き直したモノを載っけておきます。

今回はコードと.Flaファイルもさらしものに。

サンプル(.zip)ファイル


var p:Point = new Point();
var mtrx:Matrix = new Matrix();
var _x:Number, _y:Number, dx:Number, dy:Number, a:Number, b:Number, c:Number, d:Number;
_x = _y = 1;
dx = dy = 0;
var stageW:uint = stage.stageWidth;
var stageH:uint = stage.stageHeight;
var step:uint = 10000;//一度に描くドットの数
var flag:Boolean = true;
var eraser:Rectangle = new Rectangle(0, 0, stageW, stageH);//消しゴム
var bgColor:uint = 0x00000000;
var bmd:BitmapData = new BitmapData(stageW, stageH, false, bgColor);
var bm:Bitmap = new Bitmap(bmd);

addChild(bm);

//インク
var point_mc:Shape = new Shape();
point_mc.graphics.beginFill(0xFFFFFF, 0.1);
point_mc.graphics.drawRect(0, 0, 1, 1);

//BitmapData上のピクセルにインクを置く
function plot(m):void {
var m = m;
bmd.draw(point_mc, m);
}
//BitmapDataをクリア
function clearBitmapData() {
bmd.fillRect(eraser, bgColor);
}

//初期値をランダムでセット
//(これだとカオスが発生するとは限らないが……)
function init():void {
clearBitmapData();
a = (Math.floor(Math.random()*100))*0.1-2.5;
b = (Math.floor(Math.random()*100))*0.1-2.5;
c = (Math.floor(Math.random()*100))*0.1-2.5;
d = (Math.floor(Math.random()*100))*0.1-2.5;
}

//Peter De Jong アトラクタを書く
function makePeterDeJong(e:Event):void {
for (var i:uint = 0; i< = step; i++) {
_x = Math.sin(a * dy) - Math.cos(b * dx);
_y = Math.sin(c * dx) - Math.cos(d * dy);
dx = _x;
dy = _y;
mtrx.tx = (stageW/4) * _x + stageW/2;
mtrx.ty = (stageH/4) * _y + stageH/2;
plot(mtrx);
}
}

//マウスクリックで描画開始・停止
function action(e:MouseEvent):void {
if(flag){
flag = false;
init();
addEventListener(Event.ENTER_FRAME, makePeterDeJong);
} else {
flag = true;
removeEventListener(Event.ENTER_FRAME, makePeterDeJong);
}
}

//描画
action(null);
flag = false;

stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK, action);


前のバージョンではプロットの際にいちいちlineTo()していたのでオブジェクトがどんどん増加していた。
そのため処理が遅くなって負荷も向上したため数万プロットで処理を停止するようにしていたが、今回はBitmapData上に描いているのでいつまで実行させてもパフォーマンス落ちないはず。

個人的にはステージサイズを大きくしてプロットしたあと画面をキャプチャし、そこからPhotoshopブラシを作るとかして遊んでます。

夜桜

090407cherryblossoms01.jpg 090407cherryblossoms02.jpg 090407cherryblossoms03.jpg
気がつけばとうに2009年であり、およそ半年間の放置である。あんまりである。しかし何度も書くけどTwitterで足りてしまっている。あまり発信したい欲とかない。というか発信するほどのコンテンツが自分にはない。わかってたけど。

近隣の市にある中学校でもって夜桜がライトアップされているという話を聞きつけ、見物に行ってきた。
ボランティアのみなさんが甘酒を振る舞ってくださったので、ありがたくいただく。かたじけない。

桜というのはめずらしく花を下向きに咲かせる植物だそうで、中に入ってうたた寝なぞするとまた格別なんであるが、まあこのトシで木登りでもあるまいから下から見上げるに留め置いた。まるで人間に見せるために花開いたようなサービス精神旺盛な風情である。
赤みを帯びた光でなまめかしくライトアップされた桜もいいものだが、薄明かりの中でほの白く浮かび上がる幽玄な姿もなかなか捨てがたい。

来年もまた元気に咲いちょくれな、と願いつつ暇乞いをした。

風雨光

080904display.jpg
友人が銀座で開いている個展のオープニングパーティにおジャマしてきた。

蛯子真理央展 ―風のなか、雨のなか、光のなか― (東京本店) : 日動画廊 展覧会情報

普段ここで友人知人として特定の個人に言及することはないのだけれども、とてもいい絵を描くので本人に断りもなく紹介させていただきます。

画風としてはリンク先にもある通り、パリや南欧の風景、静物を中心とした、いわゆる印象派のジャンルに入るかと思う。正確な筆致で細密に描くのではなく、その場の光や空気を大胆な筆遣いで素早く画布に定着していくスタイルである。
まともに絵を描いたことのある人なら理解できると思うが、これは言葉で言うほど簡単な事ではない。しかも彼はこれを半ば以上現場で行う。

だがひとまずそういったテクニカルなことは置いておいて、絵として純粋に魅力的だ。グレイッシュな淡いトーンに暖かいバラ色が多用されるやわらかな色彩を見ると、窓の向こうにはこんな風景があって欲しい、さらに言えば、ここに行ってみたい、とさえ思う。
抑制のきいた表現が見る者の記憶と絡み合い、リアリティをもって立ち現れてくる。
いくつかあった静物画も、小品ながら光線の描き出し方が実にいい。

また、彼の展覧会は幾度となく観ているのだけれども、そのスタイルもまた観るたび少しずつ変化していておもしろい。
具体的には以前よりもさらに抽象度が弱まり色彩や輪郭が明瞭になってきている事と、絵具ののりが厚みを帯びて力強さが増しているあたりに顕著で、これらはモロッコの強烈な日差しのもとで描いた経験がもたらした変化のようだ。

個人的にたいへん前途有望な画家の一人と思うので、お金のある方は札束を握りしめて、そうでない方もまあちょっとした目の保養に画廊へとお運びになってはいかがかと思う次第。

展覧会場を後にしてからは画家本人や関係者に混じり、二次会などに参加させてもらった。
共通の友人たちとの再会もあり、また他の画家の方との交流もあって楽しいひとときでした。多謝。

tha

080829ggg.jpg
NOW UPDATING… THA/中村勇吾のインタラクティブデザインに行ってきた。
毎回、高度なクリエイティブで観る者を魅了し同業者をビビらせる、中村勇吾さん率いるtha社の初の展覧会である。

ネットで観られる物をわざわざ展示? といぶかる向きもあるかもしれないが、そこは他ならぬtha社。展示用にオプティマイズとチューニングを施して、心地よい展示に仕上げてある。
また、ネットではお目にかかったことのないコンテンツもあり、実験的な物なのかもしれないが非常に楽しめた。

もう終わってしまったので多少ネタバレ的な事を書いても誰も怒らないだろう。

会場はggg(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)。地下と一階が展示会場である。
もう何度も観たおなじみのコンテンツが、これが意外なことに縦長のディスプレイに表示され、新鮮な趣を見せていた。

一階の展示はインタラクティブ系のコンテンツで、ユーザの引き起こすイベントによって反応するタイプの展示が中心。最近ローンチされたモリサワのFONTPARK 2.0 | MORISAWAなどもあった。もうこの辺になると何をどうやって作っているのか検討見当もつかない。

地下の展示は時計をモチーフに各コンテンツを同期させ、クロック音を流し続けたり一定の時間ごとに時報と共にすべての画面を社名ロゴへ切り替えるなど、独特の空間を演出していたのだが、これもまた効果的であった。
どう効果的かといえば、これらのコンテンツは観客がいつまでも見入ってしまうようなトランス的な状態を狙って作られているので、うまくいけばいくほどリアルの会場では人が流れない。
それが時報が入ることで画面から離れて次の作品に目を移すきっかけが与えられ、結果として人の停滞を抑制することができるワケだ。非常によく考えられている。

とにかく全体的にクオリティが高く、ここまでやるのか……というカンジ。
依頼する側にも覚悟が必要なレベルだ。

顔認識を使ったコンテンツはネットでは未公開かな、と思うけれども、これもなかなか(文字通り)入り込んでしまう作品だ。
備え付けのカメラから閲覧者の顔を取り込んで既存の人物写真にはめ込む、という物だが、エレベーターホールに鏡を設置したら待ち時間の長さに対する苦情が無くなった、みたいな話があるくらいみんな自分の顔には愛着があるから、誰でも楽しめるだろう。
ただし一度自分の顔が取り込まれると、次の閲覧者の顔で上書きされるまでさらされ続けるので、公共の場ではいたたまれなくなる可能性もある。いや僕の話じゃなくて。

引用β(このネーミング、信用ベータへのオマージュ?)はWeb版ともスクリーンセーバーともずいぶん体裁が違ったが、この風格のある活字風のフォントはいいなあと思った。このあたりもすごく勉強しているようで、ひたすら感心する。すぐれた表現の裏に膨大なバックグラウンドがあるのだろう。


あと、この展覧会をきっかけに、改めて前田ジョンさんの偉大さを思い知らされた。
展示されているコンテンツの多くに、彼のダイレクトな影響が見て取れ、その洞察や創作がいかに根源的でありながら斬新で、人を引きつけるようなアイデアに満ちていたか、再度考えずにはいられない。
Maeda’s SIMPLICITY

Fixing a CakePHP 404 error

080823cakephp.jpg
CakePHPというPHPフレームワークが便利で重宝しているのだけれども、ローカル環境で動いていた物がサーバにアップロードしたら動かなくなった。特定のactionで「The requested address was not found on this server」と表示される。
いろいろと原因を探っているうちに、app/config/core.phpでDEBUG定数を0(production)にした際に、controllerで$usesにセットしたmodelが読み込まれなくなり、そのためNot foundになるらしい所まで判明。

で、解決方法として、こちらに
CakePHPのdebugレベルをproductionにするとThe requested address was not found on this server.になる問題 (山本隆の開発日誌)

問題があったのは、app/tmpフォルダとその下のフォルダのアクセス権でした。
tmpフォルダの下には、cacheフォルダやlogフォルダがあります。
おそらく、ここにファイルを作成できなかったためエラーが発生していたのではないかと思います。


とあったので、とりあえずパーミッションを777に変更してみたものの残念ながらウチでは解決せず。
で、結果的にapp/tmp/cache/models/に入っているDB Listのキャッシュファイルを削除したら問題なく動作した。
どうやらmodelを追加する前の状態がキャッシュされていたため、新規に追加したmodelが読み込まれなかったようだ。

けっこうハマったので同じ悩みを抱えた人のためにもメモっておきます。

参考:Nabble – Re: 404 Not found on existing controller and action(ここでは特にpersistent/をクリーニングする、と書かれてますな。)

Adobe Erazer

080820eraserapp.jpg
Adobe Erazer.app

Copyright © 2004 elbro.net