前言撤回日記

Corinne Bailey Rae

070309corinne.jpg コリーヌ・ベイリー・レイ

「put your records on」でノックアウトされました。
女性シンガーとしてはカーディガンズのニーナ以来かも、というほど久々の個人的ビッグヒット。

時にけだるく、時にやさしい自然体ヴォーカルが耳に心地いい。
作り込みすぎないアレンジも好みで、ここ最近かなりのヘビーローテーション。

uk版だと(音質悪いけど)amazonで視聴できます。

サルベージ

070215duct.jpg
最近デジカメの調子が今イチだなーと思っていたら、コンパクトフラッシュのデータが読み込めなくなった。カードリーダーに突っ込んでもダメ。
これがデジカメのせいなら今後もあり得ることなので、とりあえずコンパクトフラッシュ復旧ソフト「イメージレスキュー 2.0」を買った。

届くなりインストールして使ってみたところ、jpeg画像もRAW画像もサクッと救出。なんとcoolなソフトウェアであろうか。

ただなあ、ダウンロード販売してほしいなあ。たかだか2,000円程度のソフトなのに、送料と代引き手数料が800円くらいかかるんですよ。お願いしますよ。

で、実際サルベージした画像なんですが、大したものはありませんでした。判ってたけど。

Make:

061020make.jpg Make: Technology on Your Time Volume 01
あのMake:が本になった。
ショッピングカートをゴーカートにしたり、ガソリン車を電気自動車にしたり、ミント缶でヘッドフォンアンプを作ったり、愉快なライフハック満載。
エレクトロニクスやテクノロジーは企業だけのものじゃないぜ、という心意気が感じられていいですな。

作業環境報告

注文していた変換コネクタが来たので、雨の中ノジマ小平店へ。
ココの店員さんが親身になっていろいろ調べてくれたおかげでかなり助かった。家電量販店じゃこうはいかない。

というワケでようやくCinema HD DisplayとMacBookがつながった。
ディスプレイ←→ADC-DVI←→DVI-miniDVI←→ノート、というメンドくさい構成。

キーボードとマウスも普段使っているヤツをつないだので、とりあえず単純にハードが置き換わっただけ、というカタチにはなった。ことえりにも少し慣れてきたし、多少はストレスが減ったカンジ。

アプリケーションの切り替えがモタつく現象だが、どうもUB対応がどうとかではなくメモリ不足が原因の予感。

現在、プリセットの512MBなのだけれども、店員さんに、これに積んであるタイプのメモリはまだ高い、もう少し待てばグッと下がりますよ、というアドバイスを受けたので買い控えたのだ。
まったくショップ店員の風上にも置けないが、風下に置いたらバチが当たりそうないい人である。
メモリを追加するときはぜひまたここで買います。

G4は今日、引き取りに来る予定。
パーツがあれば一週間から十日で修理は終わるとのこと。つまりしばらくはこの環境での作業が続くのである。
先は長いなあ。

book

なんつーかITバイオリズム低下中。

ちょっと前のWinノートに引き続き、メインマシンのG4が壊れた。
システム云々ではなく、そもそも基盤に通電していないので手の施しようがない。
これでは仕事にならないということで、仕方なく(いちばんショボい)MacBookを買ってきた。ユニバーサルバイナリ対応のソフトなんてひとつも持ってないのに。

まあ、サブの作業環境は必要だとは思っていたのでそれはいいのだけれども、僕の持っている古いCinema HD Displayにダイレクトに繋げないので、注文した変換コネクタが来るまではこのノートの液晶モニタで作業しなくてはならない。
セットアップに半日かかって今日はけっきょく仕事にならなかったのだが、明日からしばらくモニタが狭くてしんどそう。

それにしてももう少し早く、つまりはG4がイカれる前にコイツを買っていれば再設定とかも少しは楽だったろうになあ。

HDDDVDVHS

またビデオデッキが壊れた。

いつものようにエコロジカルなカンジで修理に出してもよかったのだけれども、人に録ってもらったDVD-Rが読めなかったりした事もあって、この際、新しく買おうと決めた。

夕暮れ時にママチャリでブラリと近所のコジマへ。ビッカメのCMが大画面で流れているコジマのビデオデッキコーナーを見ると東芝のHDD・DVD・VHSレコーダーが38,800円とある。地上波デジタル未対応だと安いなあ。
というかHDD(ハードディスクドライブ)のないヤツならソニーあたりでも平気で1万7千いくらとかで売っている。もはや投げ売り状態である。

経験上、この手の家電製品の耐用年数はせいぜい2年だ(で、それを過ぎるとあちこちイカれ始め、修理に出すと新品が買えるほどの金額を請求される)。当然、地上波デジタル放送開始の2011年以降など継続して使えるはずがないから地デジ対応は不要、というワケで前述した東芝製デッキの購入を即決。

今度は2011年まではどうにかもたそう、という事でコジマの5年間の有料保証を付けた。間違いなく2年以内に壊れるから分のいい賭けだ。
ブランクDVDもついでに買い、自転車の前カゴに載せて危なっかしく帰宅。

何とか今夜中にセッティングの時間を捻出したいと思います。

iLife

060608ilife.jpg iLife ’06

GrageBandがいじってみたくて、バックアップソフトを買うついでに「iLife」も購入。
ちなみにバックアップ作業にともなうゴタゴタもあって、まだインストールすらしていない。
なので使い勝手も分からなければオススメでもありません。早く触りたい。

back up

060607alert.jpg
みなさん元気にバックアップしてますか !?
僕はしています !

ここのところSATAインターフェースに取り付けた大容量の内蔵ハードディスクが認識されなくなる事おびただしいので、ビッカメで「インデリブル」とかいうバックアップソフトを買ってきた。
今のところ使い心地はまあまあいいカンジ。

ただ最初は用語でとまどう。差分バックアップっていうと元からあるデータを最新のデータで上書きしてくれるのだろう、と思っていたら差分データを新たなフォルダにバックアップしてた。
あっという間に容量オーバー。まったくもってRTFMなハナシではある。

そうこうするうち、またもやメインで使ってる内蔵ハードディスクが認識されなくなってヤバイ気配。まだバックアップ作業は途中までしか終わってない。
NVRAMクリアやPRAMクリアを何度か試すが効果なし。
あと一回でいいから認識してくださいよお願いしますよと思いながら、サイドカバーを開けて繋ぎ直したり、ドライブキャリアごと置き場所を変えたりしているうちにやっとマウントされた。
こりゃケーブルが怪しいような……。

とりあえずひと安心して再度外付けのハードディスクに無事バックアップ。
てんやわんやで一晩かかり、結局今も内蔵ハードディスクは認識されてません。うー、今度はバックアップ用のハードディスクを買ってこなくちゃ。面倒くさいなあ。

というワケでみなさんも不測の事態に備えてバックアップはマメにとりましょう。そうしないとせっかく溜め込んだあれやこれやの画像や動画がなくなっちゃいますよ!

Shade8.5

急遽、3DCGをやるハメになった。

以前会社勤めをしていた頃に使っていたのは確かSTRATA STUDIO Proというソフトであったが、なかなか使い勝手がよく、重宝していた。
個人になってから、その廉価版のようなモノを購入したものの、あまり使う機会もないまま、OSの変更で使えなくなっていた(と思っていた)。

そこでOSX環境で使えるソフト、という事でShade8.5 Standardというのを買ってみた。

実はだいぶ前にこのShadeというソフトの、これまた廉価版を買ってさわってみた事はある。myShadeとか言ったっけ。
なのでそのクセのあるインターフェースにも特に抵抗を感じずに使い始める事はできた。

簡単なダイヤグラムを起こすだけだったのでモデリングには小一時間もあれば足りた。
アングルを決め、表面材質と照明、写り込みのための背景画像を設定するのに3〜4時間ほどだったろうか。
完成時間を見積もるために試しに実サイズでレンダリング(設定に従ってコンピューターに実際の画像を生成させる事)してみよう、と何の気なしにラジオシティという高品位のレンダリングをかけてみた。
バックグラウンドで計算をさせながら他の仕事を進め、時おりレンダリング画面に戻るが一向に計算が終わる気配はない。
金曜の夕方の事である。

PCの電源を入れっぱなしにして計算を続けたが、翌日、仕事に戻ってもまだ終わっていない。
結局その日も計算させっぱなしで終わり、さらに翌日見るとまだやっている。
フリーズしたら一巻の終わりだな、などと思いながらシコシコ仕事を続けていると、ようやくレンダリングが完了。すでに深夜で月曜に入っていた。中二日ってワケだ。

もうモデリングデータを修正して再レンダリングしている時間はない。
というか、あそこでテストレンダリングせずにギリギリまで調整していたら間に合わなかったに違いない。
まあ、まだ初稿出しの段階だったので、それはそれで低解像度でレンダリングしてやり過ごしただろうが、それにしてもこの程度のデータをレンダリングするのに丸二日以上かかるとは、危ない所ではあった。

で、追記というか前述したSTRATAの廉価版、STRATA 3Dplusであるが、今さっき試したら、どうやらOSXでも使えるっぽい。
ただ、シリアルを再入力せねばならず、それが記載されたカードとやらが、ゴミ溜めのようなこの仕事部屋から見つからないので起動できないのだけれども。

いずれにしても、この一事で僕のどうしようもないトボケっぷりがまたも明らかになったようで、我ながらウンザリする。

the bad news makes me happy.

060325bears.jpg
がんばれ!ベアーズ DVD-BOX


ついに出た。さっそくひと月前から全力で予約。

昔おもしろいと思って見ていた番組を大人になってから見直してみたら、ちっともおもしろくなかった、という事はままあるので、正直見るのが怖かったトコロもあるのだが、いやー買ってよかったっす。
ハッキリ言って映画版よりTV版の方がキャラも立っていて、断然おもしろい。メンバーの中に子役時代のコリー・フェルドマンがいるんですよ。超カワイイんでやんの。
まだ時間がなくて全部見てないけど、大事にゆっくり楽しむつもり。

ちょっぴり残念な点もある。
まず日本語吹き替え版「しか」入っていない事。
まあ、どうせ吹き替え版しか見ないんだし、いいっちゃいいんだけど、ほんのり残念。
タナーの「くされバター」とかオリジナル音声で聞いてみたかった。
あとはマリーンの歌っていた、放映当時の日本語版主題歌が収録されていない事。
個人的にはコレ、けっこう楽しみにしていたんだけどなあ、というカンジ。

しかしこの際そんなマイナス要素には積極的に目をつぶろう。
とにかく出してくれたことにひたすら感謝であります。

Copyright © 2004 elbro.net