前言撤回日記

ナガオカBLOG

期間限定ナガオカBLOG: 番組の質問にナガオカケンメイ本人がお答えします。

D&DEPARTMENTのナガオカケンメイさんがNHKの番組「トップランナー」への出演にともなって期間限定でblogをやっていた。ご本人が読者からの質問に真摯に回答している。
番組の方は残念ながら見逃したのだが……。

ナガオカケンメイさんといえば僕の中では川崎和男さんや佐藤直樹さんと並んで、何となくいつも「戦っている」感じのするデザイナーだが、この人の勇気と的確な批評眼には頭が下がる。
むろん世の中は、正論である、というだけではなかなか受け入れてはもらえない。正論を通すには戦略が必要で、だからおそらく戦略に長けた人は「戦っている」印象を他人に与えず、それでいながらじんわりと持論を浸透させてゆくのだろう。

その一方で横っ面を張られないと目の覚めない人、というのも世の中には確実にいる。だからナガオカさんのような人はいつでも必要なのだと思う。

日記の方も読みごたえありまくりです。

dontclick.it

www.dontclick.it
http://www.dontclick.it

以前のエントリーでも「クリックのストレス」について触れたが、それをまともに実験しているサイト。
コンテンツに入る前に一度だけ意識的にクリックさせる演出も効いている。「クリックが恋しい?」なんて質問もされたりしてなかなか洒落た作り。

どうしてもマウスボタンを押してしまう人のためのソリューションとか、クリックレスナビゲーションのためのエクササイズゲームなど、変なコンテンツ満載。ユーザーのカーソル座標を記録したりもしている。鼻歌まじりになかなか深い事をやっていて好感度高いです。

via. Styleboost™ – Sweet and lovely links since 2001.

JAMPACK 01

中村勇吾さん新作。
yugop.com

実在する遊具を物理シミュレーションしたようなカンジで、今までの作品に比べると若干、習作っぽい雰囲気ではある。でもおもしろいっす。ぼんやり眺めてしまった。

050609baloons.jpg その遊具っていうのはこんなヤツ。囲いの中で風船と戯れるというワケですね。

FORESTS FOREVER

FORESTS FOREVER
tokyo.interactive.ad.awardsのブランディングサイト部門で銅賞を獲得したFUJIFILMのコンテンツのひとつ。
世界中の様々な「森」の姿を写真で見せていくギャラリー。また、地球の成り立ちから森林の減少までのストーリーや生態系別の植生の紹介なども行う。森を見つめる行為を通して環境問題に関する気づきを与えようという啓蒙的なコンテンツ。

従来であれば企業がこういうメッセージを発信しようとすれば(番組をスポンサードする、とか大がかりなものを除けば)、取引先に配るカレンダーのテーマにするくらいしか方法がなかったが、今であればWebを使ってそのメッセージをすばらしいエクスペリエンス(経験)にまで昇華させることができる。
NECのエコトノハもそうだが、今後CSRの一環として企業価値を高めるためにこうしたサイトが増えていくかもしれないし、制作サイドからもそういう提案をしていくべきだろう。

ビジネス・アーキテクツ制作だが、巧みな英文タイポグラフィや視線誘導の技術など高度なグラフィックデザインから見て福井信蔵さんのデザインかと思うが……。

検閲

巧妙な中国政府のネット検閲、米の調査で明らかに
引用元:YAHOO!ニュース

 米国の研究機関が中国政府のインターネット統制について調べたレポートが14日(米国時間)に発表された。それによると、同国政府は様々なレベルで手段を講じ、体制を批判する言説のみを正確にブロックしており、その手法はますます洗練されつつあるという。


仕事の関係で中国ドメインのサイトにアクセスする事がけっこうあるのだが、以前、あまりにも通信速度が遅いので、まだ中国はネットの需要の伸びに比べて通信インフラの整備が遅れてるんですかねえ、とお客さんに言ったら、曰く「いや、検閲されてるんだよ」。

その時はホンマかいな、と思っていたがどうやらマジらしい。すごい技術だ、と言うべきか…。

Ajax

最近web屋界隈で何かと話題のAjax。
DHTMLとXMLHttpRequestを使った非同期型のデータ取得により、ストレスの少ないダイナミックな表示を実現するテクニックで、Google Suggestでインクリメンタルサーチを実装したりGoogle Mapsでドラッグ可能な地図を実装するのに使われている。
他にもA9.comFlickrなどで利用され、豊かなインタラクションの提供を可能にしている。

……のだが、こう書くのも実はむなしい。
僕がメインで使っているMac OS 9.2.2で動作するモノは今まで見たところひとつもないからだ。
ほんの数年前にはみんな苦労してクロスブラウザのDHTMLをシコシコ書いていたのに、あれは一体何だったのだろうか、と涙のひとつもこぼしたくなる。しくしく。

というワケでAjaxに関しての判りやすい解説。
Ajax: Web アプリケーション開発の新しいアプローチ

クロスブラウザDHTMLといえば何年か前に遊びでこんなのとかこんなのとか作って喜んでいたっけ。
一日ひとスクリプト! みたいな。
今にして思えば若干しょーもない感が漂っている。あーあ。

報復の連鎖

欧州Lycosがスパムサイトを「DDoS攻撃」するスクリーンセーバ配布
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0411/27/news003.html

 Lycos Europeは「Make LOVE not SPAM!」と題されたキャンペーンで、スパム行為が確認されているサーバを一斉攻撃するスクリーンセーバを配布している。


こういう幼稚なツールを作ったり使ったりする人が戦争批判とかしてないですよね。まさかね。

talby

auのケータイ、talbyのサイト。
http://www.talby.jp/

イメージキャラクターを使って「薄さ」を強調するアクションをふんだんに取り入れた構成。このくらいになると個人で制作するのはとても無理。多様な技術を持つ人たちの共同作業がなければ品質を維持できないだろう。今後の展開も楽しみ。
制作は(たぶん)IMG SRC

もともと折り畳みよりもソリッドなケータイが好みなので、INFOBARやtalbyのあるauがひたすらうらやましい。

乞食

乞食blog
もうけっこう有名だと思うけれども。

ホームレスの人がやっている日記サイトで、創作なんじゃないかとか無粋な推測もされているが、そんなことはどうだっていい。

またもや小学生時代の話なんだけど、永井豪センセーの「オモライくん」が好きだったせいもあって、乞食に漠然とした憧れがあった。
大友克洋さんがよく乞食を題材に選ぶ気持ちも何となく判る気がする。
あの、あらゆるしがらみから解放された自由なカンジはなかなか惹かれる物がある。もちろん現実は非常に厳しいワケですが。

この乞食blogを読んでいると、人間ってやっぱり一人じゃ生きていけないんだよなあとか、貧乏と貧乏くさいのは全然違うんだよなあとか、割と当たり前の事に気付かされる。

ただまあ、今のところ路頭に迷う自由を満喫する予定はないので、僕は僕のしがらみだらけの毎日をセコく生きていこうと思います。

U2//VeRTigo

U2出演のiPod 30秒スポット TVCF
http://www.apple.com/itunes/u2/

例のiPodのCMのテイストでU2が大暴れ。ボノかっこいー。
OSXのiTunesだと2分のロングバージョンも観られます。OS9はダメなので泣きながら再起動。

via. rio.st/

Copyright © 2004 elbro.net