前言撤回日記

インビテイション

050331colorinlive.jpg
TAKEO PAPER SHOW 2005
の案内状が届いた。
もうそんな時期か。早い。早すぎる。

今回のテーマは「COLOR IN LIVE」と「COLOR + S(プラス・スキル)」という事で「色」に関する展示になるようだ。アートディレクターは松下計氏。どういった展開をするのか楽しみ。

色と言えば確か2001年のTAKEO PAPER SHOWは「白い紙」がテーマでちょっと意外な感じがしたものだ。
理由はその時のディレクターが勝井三雄さんだったからだ。
勝井さんの作風こそ「色」という気がしていたので「おやっ」と思ったのである。
でも「色」の勝井三雄さんだからこそ「地」としての「白い紙」をテーマにしたのだろうなあ。

ムダ

効率化という言葉が嫌いだ、と前回のエントリーに書いた。
効率化というのは平たく言うとムダを省く、という事だ。

例えば僕が落語の世界にあこがれるのは、そこが豊かな社会だから。
落語に出てくる人物は、現実社会の基準ではムダあつかいされるような人たちばかりだ。
ご隠居も若旦那も与太郎も殿様も侍もそこつ長屋の店子たちも、世知辛い効率優先の社会なら自活していけないだろう。
そんな人にも居場所がある。それが豊かな社会という事だ。

行政や企業が効率を優先しなくちゃいけない理屈はわかるし、僕だってその恩恵を受けてもいる。
ただ、世の中ぜんぶがそうなってしまうとバランスが悪いので、個人としては可能な限り非効率優先で生きていきたい。

てゆうか、ここ自体がムダそのものなワケですが。

200 banned IPs

地味にMTの禁止IPを登録し続けて、ついにその数がちょうど200になった。
エントリー数を追い抜くのも時間の問題です。
古きよきホームページ文化にならっていわゆる「キリ番」のIPでもさらそうかと思ったが、別におもしろくも何ともないのでやめた。

それにしても、ちょっと前のコメントスパムはまだ「Nice Site !」なんてお世辞のひとつも残したりして少しは可愛げもあったけれど、最近ではホントに単なる宣伝だもんなあ。
僕が「効率化」っていう言葉を嫌う理由はこういうところにある。

Copyright © 2004 elbro.net