前言撤回日記

業務終了

051229loudspeaker.jpg
いやー疲れた疲れた。息つくヒマもないほど忙しかったので息を止めたまま働いてました。
どうしてこんなに綱渡りのスケジュールになるのか我ながら理解できません。
DVD2本借りて2本とも見ないで返しました。ざまあみろ。

ようやく目前の〆切を乗り切ったので、仕事関係のみなさんに挨拶メールを送り、公には本年の業務を終了。溜まりきったコメントスパムを削除したり余所のサイトを巡回したり。

それにしても24時間以上起きてると神経が高ぶって逆になかなか眠れなくなりますね。

東京鉄塔

051226tokyotower.jpg
東京タワー付近の会社で朝から晩まで打ち合わせ。
ついでなのですぐそばまで行って昭和っぽい写真を撮ってきた。

この巨大な鉄骨のカタマリを前にすると、何となく自分のスケール感に狂いが生じてくる。
遠くにあるはずの塔の先端が妙に近く感じるというか。
これは高層ビルの足元にいる時などにはあまり湧いてこない感覚だと思う。
タワーの形状は奥行き方向にすぼまる四角錐なのだからオーバーパース気味に見えるはずで、逆の印象になりそうなものなのだが。

気になって、いま紙の上に細長い長方形を描き、そのとなりに同じ高さの三角形を描いて斜めから見比べてみたところ、やはり三角形の先端の方が近く見える気がする。興味深い錯覚だと思うが僕だけだろうか。

ボーネン

051223ebisu.jpg 忘年会に呼んでもらったので顔を出す。
若者たちのテーブルに何でもない顔して加わったのだが、小学生のような甘酸っぱいノリで楽しかった。内職派にはとんとゴブサタなあの雰囲気。
会社勤めが少しだけうらやましく感じる瞬間であります。

MTG@NUMAZU

051222surugawan.jpg 朝10時から沼津で打ち合わせ。
撮影でも取材でもなく、単に打ち合わせである。
普段の生活サイクルに対して6〜7時間はズレ込んだスケジュールなので、前々日から少しづつ起床時間を調整、8時過ぎの新幹線で東海道中膝栗毛。我ながら大ごとです。
写真は駿河湾を一望するクライアントの敷地からの一枚。

Gの伝説

コマフォトで見たんだけど、この写真いいなあ。

visual solution produce | amana

(上記のURLからそのページに行くには一旦トップページにアクセスしておく必要があるみたい。めんどくさい。)

で、その肝心の写真、プラモデルとの合成らしいっす。
モデルさんがまたキレイなんですが、それだけでなく指先の表情なんかにも非常に惹かれました。
抑えめの色調ながら瑞々しい緊張感があっていいカンジです。ナイス。

在庫切れ

051218candle.jpg
今月末でキャンペーンが終わってしまうのでちょっと慌てて申し込んだStudio 8アップグレード。
なんかいつまで経っても送られてこないなあ、と思っていたら、「ご購入いただきました Studio 8 アップグレード版(ボックス版)は、ご好評につきただ今在庫切れとなっております。」とかいうメールが来た。

こういう場合、もうひとつの特典である「Macromedia 8 ファミリー 年末スーパー感謝祭(2005年12月31日まで) 」ってのはどうなるんでしょうね。
まあ「満タンWEB」とか使う予定がないのでいいんですけど。

http://www.macromedia.com/jp/special/thanks/

asahi.com: ジェイコム株売買、個人で利益5億6千万円 24歳男性

 みずほ証券がジェイコム株を大量に誤発注した問題で、東京・六本木に住む男性会社役員(24)が同株3701株を取得し、約5億6300万円の利益を得ていたことが15日、関東財務局に提出された大量保有報告書でわかった。証券会社数社による大量取得は判明していたが、個人が同株取得で巨額の利益を得ていたのが確認されたのは初めて。

 誤発注があった8日、会社役員は同株の発行済み株式の25.52%分を自己資金の28億1150万円で取得。みずほ証券が13日に1株91万2000円で強制決済した際に33億7531万円で売却し、約1週間で5億円超を稼いだ。


ジジネタにあまり興味のない僕ですが、例のみずほ証券のニュースは何げに興味深く拝見しております。
で、1週間で5億6千万円って一瞬すごいんだけど、ちゃんと読むとこの男性、28億円の自己資金を突っ込んでるんですよね。
自己資金ってどーゆー意味合いかは知りませんけど、少なくとも株の取得に使える28億円があったワケですよ。28億突っ込んで一週間で5億。
もうちょっとかわいく言うと例えば僕が100万円(例えばですからね!)を元手に一週間かけて17〜8万稼いだと。うーん、千載一遇のチャンスに出くわしてその利益率ですか。

という事で、株って儲からないんですねという結論に達したんだけど、まあ何かが高濃度で間違っているのだろう。そうに決まってる。

グロッキー

風邪をひいて1日半のダウン。仕事どころかPCを起動しさえしなかった。
もう上から下から液……まあ、詳しい描写はいいとして、食べ物も飲み物も身体が受け付けない状態。脱水症状を避けるために水だけはたびたび補給したものの、久々に酒を抜きました(当たり前)。

で、去年の今頃はどんな事書いてたのかなあ、と思って改めて読むとやっぱり「腹にくる風邪をひいた」とか書いてある。ガッカリするほど進歩がない。

MOVE

051211move.jpg LEADING EDGE DESIGN 展 “MOVE”


以前エントリーしたスイカの改札機でも有名な山中俊治さん率いるリーディング・エッジ・デザインの展覧会を見に、青山へ。
前から見たいと思っていた「Hallucigenia」や「Cyclops」の実物が見られてうれしい。

それにしても、もはやデザイナーとか技術者とか科学者とかの垣根を軽々と超越していて圧巻。
「Hallucigenia」の実演はちょっとした衝撃を受ける。通常1日3回程度しか動かさないのに、期間中はその10倍くらい稼働させていたらしい。「ほとんど耐久テスト」とおっしゃっていた人、おそらく山中さんご本人だろう。

「Afterglow」も色々と詳しい話が伺えて楽しかったっす。
その他の展示もいちいち興味深い。それにFlashやDirectorが携帯のインターフェース・シミュレータとして活躍しているのも(意外、というワケではないのだが)実際に見たり触れたりできて面白かった。

そして重要なのは、これらのプロトタイプのほとんどが、特に商品化を目的としているワケではない、という点だ。

やっぱワクワクしなくちゃダメなんだ。改めてそう思う。

年賀状出稿

神谷町で打ち合わせがあったのでその前に印刷屋さんに寄って年賀状を出稿してきた。
今回の年賀状もPostScript直書きのタイポグラフィもの(?)。

とは言えPostScriptは配列操作のオペレータが貧弱でpopもshiftもないため、僕のやりたい事が実装できそうにない。かと言って年に1〜2度しか触らないPostScriptで慣れないスタック操作にハマるのもツライ(いやホントは積極的にハマるべきなんだけど)。
なので他の言語でPostScriptを吐くプログラムを書く事にした。
とりあえず最近使う事の多いFlashのActionScriptを選択。Trace()メソッドで出力パネルに吐かせ、ファイルで保存すればいいだろう。

ところがこれがヘボくて、すぐにFlashが悲鳴を上げていつまでたっても演算が終わらない。
たかだか1〜174の総和、つまり175×87だから15,225通りの座標値を求めようとしただけなのに。ショボ過ぎる。

仕方なくこれをJavaScriptへ移植。document.write()してブラウザに表示、テキスト保存する事に。
ところがMac版mozillaで走らせるとあえなくハング。とほほ。

で、結局Win版IEに食わせてみたら2回ほどダイアログが出るものの、どうにか演算完了。
PCの能力ってこんなもんなんですかね。てゆうかインタプリタ越しじゃ仕方のない話か。

Copyright © 2004 elbro.net