前言撤回日記

モラル

「勝ち組・負け組」とかいうデリカシーのない二元論で個人や法人を乱暴に分別してた同じ口から「企業倫理」なんて言葉が連発されるダイナミズムはたいへん愉快だなあ、と思いました。

ついに観念してOSをTigerに変更。
まあ、少しづつ準備はしていたのだが。
Tigerと相性の悪かったRAIDカードをはずし、OS9での起動をあきらめる。さようならMac OS9.2.2。Classic環境で会いましょう。

で、OS Xだが、しんどい。今まで鼻をほじりながらでも当たり前にできていた事が全部手探り。ファイルの保存場所を選択する程度すらも試行錯誤である。

てゆうかですね、疑問が絶えないんですけど。とくにGUI関係。

なんでウィンドウの重なり順がアプリケーション単位じゃないの?
(まあこれはExposé使えって事なんだろうけど)
なんでシステムフォントがosakaじゃないの?
なんでアイコン整列のグリッド幅を狭くできないの?
なんでウィンドウのリスト表示で連続したアイコンしか複数選択できないの?
なんで?なんで?なんで〜?

というワケでしばらくの間すごい勢いで生産性が落ちます。よろしくお願いいたします。

LAST ALBUM?

2000年から活動を休止していたThe Toy Dollsが去年から活動を再開してアルバムまで出していた。
「OUR LAST ALBUM?」という人を食ったようなアルバムタイトル。
さっそくamazonで注文したあと、しばらくネットをウロウロしていたら、「VIBE」のインタビューを発見。なんだ日本盤出てるんじゃないの。ガーン。まあいいや、買うよ両方。

実は最初、YouTubeで何の気なしに探したら映像があって、観ているうちにものすごく懐かしくなったのでちょっと検索してみたところオフィシャルサイトを見つけたという。いや、あるのは知っていたんだけど、Olgaの日記がUPされてたり、ムービーや試聴のページ、Lyricsのページなんかがあったりして、いつの間にかけっこう充実していたので驚いた。
さらにamazonでDVD探してみたりとか、もうイモヅル式に情報が出てきたもんだから、あー、なんかネットってすごいかもー、みたいな痴呆色豊かな感想が鼻の穴から漏れてきたのでした。バカですみません。


(追記)上記のVIBEのページでは国内盤が2005年の11月に発売って書いてあるけど、amazonで検索しても出てこないですね。出ないのかな。まあ、それでもいいからまたジャパンツアーやってほしいなあ。

エンディング

ネット上で小説めいたものがリアルタイムで発表されていく場面に何度か遭遇して、面白がっていくつか読み続けた経験がある(ちなみに今はTAKAGISM BLOGの「ササイのことで」を愛読している)のだけれども、いまだにキチンと最後まで書ききられたモノにはお目にかかった事がない。

大抵、更新頻度が徐々に落ちていってフェードアウトしてしまうか、突然消滅するかいずれかで、なんとなく取り残された気分になる。
もちろん書いている人に何らかの義務があるわけではないし、多くの場合こちらは単なるサイレントマジョリティの一部でしかないので、取り立ててどうこう言うつもりはない。

ただ、終わりのない物語は悲しい、と思うだけだ。

なんでこんな事を書いているかと言えば、「CQ」を観たから。
未完のSF映画の完成を託された新米監督が主人公の、映画制作をめぐる映画、つまりはメタ映画。1969〜70年という時代設定で、当時の先端だったレトロフューチャーなセットや小道具、ファッションがふんだんに出てきて、映像的な魅力も満載です。ちょっとダイアン・レインを彷彿とさせるヒロインもチャーミング。

で、その映画の中で、プロデューサー役のおっさんが盛んにエンディングの重要性を強調するのだが、まったく同感、というワケです。

降雪

060121snow01.jpg
060121snow02.jpg
060121snow03.jpg
ひさびさに積もった雪を見て、大喜びで外に出る。
たっぷりと空気を含んだフワフワの雪でした。

買ったばかりのマクロレンズを付けっぱなしなので、どうもしばらくは極端な絵づくりに偏りがちな予感。

ディスコミュニケーション

「You are not allowed to post comments.フォームへの入力エラーです。直してから『投稿』を押して下さい」というエラー表示が出てブログにコメントできない、というご指摘をいただきまして急きょチェックしてみたところ、どうやらうっかりカラッポのIPアドレスを禁止IPに登録していた事が原因のようです。
先ほどテストしてみましたがどうやら問題なく投稿されましたので、これで復旧完了かと思われます。
ご不便をお掛けいたしまして申し訳ないです。メンゴメンゴ。

このところアクセス数が急に増えた(ログを見る限りどうせスパムボット)わりにはスパムがなくてラクチンだなあ、と思ってたらそういう事だったのか……。

macro

060120tea.jpg
知人の写真家から(厳密にはさらにその知人から)Nikkonの60mmマクロを2万円でゲット。

マニュアルフォーカスの送りがイカれていてオートフォーカスしか使えないので別に格安とかいうつもりはないが、どうせD70のヘボいファインダーでは目視でピント合わせなんかしてられないからどうでもいい。

というかマクロレンズ楽しすぎ。あー写真撮りに行きたいなあ。

スパム上等

060120seed.jpg
正月からしばらくスパマーさん達が活発に活動されていて、1日に80個とか90個とかコメントやTバックをくださる。仕事に疲れるたび気分転換にポチポチ登録していた禁止IPもめでたく1,000を越え、新年早々お務めご苦労さんです、といったオモムキである。

世はおしなべて需要と供給。
つまり僕がいまの職業についていかに無能でも誰かから必要とされれば仕事は成立するし、またやる気があっても誰からも求められなければ商売としては成り立たない。
逆に悪徳だろうが非合法だろうがグレーゾーンだろうがその仕事に需要がある以上、世の中からなくそうとしてもムリ。だから接触を避ける努力や拒絶の意思表示を続けるくらいしか出来る事はないってワケだ。
それが、たとえこの上なく地味で消極的な方法であっても。

060120fuji.jpg
年末からウダウダやっていた仕事がようやく山場を越えつつある。いや疲れた。
でもけっこう経験値高まったからいいや。と思ったら週明けから3日連続で打ち合わせか。その内容によってはさらに新たな山に突入する可能性もあるなあ。そんな事を考えていたらさっき電話が入り、週末仕事が決定。また軟禁モードに逆戻りだ。

山というのは高低差があるから山なのであって、頂が連続していたらそれはもはや平地ではないかと言いたい。空気が薄いだけの単なる平地ではないかと酸素ボンベ片手に言っておきたい。

Intel Mac

MacBook ProとiMac

ついに出た、Intelチップ入りMac。
こうなるとやっぱり気になるのがWinマシンとの互換性なんですが、どうなんですかね。

OS XのルックアンドフィールはWebのインターフェースを始めあちこちでパクられまくってて、すでにその魅力はかなり一般に受け入れられてる。
appleはハードウェアがメインの商売って事でOSの市場からはずっと黙殺されてきたワケだけど、今やそれを戦略的に利用して、MSを刺激しないように一般コンシューマ向けの市場を狙いに来てるんじゃないか、とも思える。今までずいぶん長い間ガマンして築いてきたブランドで勝負に出ようとしているのかもしれない。

と、脊髄反射的なエントリーをとりあえずポスト。

Copyright © 2004 elbro.net