前言撤回日記

ANNIE LEIBOVITZ

080512leibovitz.jpg
ブログの投稿ができなかったしばらくの間の出来事もいくつかメモしておこうと思う。

2月に劇場公開された映画『アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生』を公開直後くらいに観た。
ジョン・レノンが射殺される直前にヨーコと共に撮影した写真、妊娠中のデミ・ムーアのヌードなどで有名な、写真家アニー・リーボヴィッツの半生を描いた作品で、彼女の妹であるバーバラ・リーボヴィッツが監督・制作を担当している。

感想らしい感想はとくにないのだけれども、アニーは今もってパワフルですごいなあ、というカンジ。

アニーの恋人スーザン・ソンタグの本は「他者の苦痛へのまなざし」しか持っていないが、彼女の厳格な言葉の運用と冷徹な批評、妥協を許さない強い意志がそこにはあった。
おそらくスーザンとの生活が快適な心安らぐだけの物でなかったろう事は想像できる。
そのスーザンと正面から向き合う事によって、アニーは自らの写真に対する哲学を構築していったのだろうか。

アニーの仕事ぶりをかいま見て、撮影時に相手に話しかけ続けていたのが印象に残った。
また、撮影前に完璧に準備を整えて短時間で撮影を完了する彼女のスタイルはかなり参考になる。むろんそれには経験が必要だとは思うけれども……。

関係者のコメントをエンディングに持ってきた演出はすばらしい。

復活

2月にココの体裁をリニューアルしたらデータベースが日本語を受け付けなくなり、更新もコメントも一切できない状態になっていた。
新規ページ(通常の日記ページと違い、時系列に依存しない特殊なページでWordPressの機能のひとつ)を作成したタイミングでそのような状態に陥ったため、何らかの理由でデータベースが破損したのだろう、と推測した。
その後いくたびかデータベースを作っては破棄、WordPressをインストールしては再構築を繰り返したがいっこうに事態が改善しない。

ローカルサーバ上では問題なく稼働しているし、ホスティング会社から提供されているphpMyAdminからも入力を受け付けないため、ホスティング会社にも2度ほど連絡を試みたが、なしのつぶてである。

これはもうお手上げ、という事でテンションもすっかり落ちきって3ヶ月ほども放置してしまった。

その後、以前WordPressを設置した時の自分メモの存在を思い出し、開いてみたらそこに解決方法が書いてありました……。

一般設定で日本語タイトルが反映されない、日付部分の「年」「月」などの文字化けが起こるといった場合には(文字コードをUTF-8として)

ブログのトップディレクトリに
php_flag mbstring.encoding_translation off
php_value default_charset “UTF-8″

と書いた.htaccessを設置


ですと。
今度は忘れないように、ココにエントリーしておく。

ちなみにphpMyAdminから入力できない件はいまだに解決の見通しが立たないままだ。

Copyright © 2004 elbro.net