前言撤回日記

風雨光

080904display.jpg
友人が銀座で開いている個展のオープニングパーティにおジャマしてきた。

蛯子真理央展 ―風のなか、雨のなか、光のなか― (東京本店) : 日動画廊 展覧会情報

普段ここで友人知人として特定の個人に言及することはないのだけれども、とてもいい絵を描くので本人に断りもなく紹介させていただきます。

画風としてはリンク先にもある通り、パリや南欧の風景、静物を中心とした、いわゆる印象派のジャンルに入るかと思う。正確な筆致で細密に描くのではなく、その場の光や空気を大胆な筆遣いで素早く画布に定着していくスタイルである。
まともに絵を描いたことのある人なら理解できると思うが、これは言葉で言うほど簡単な事ではない。しかも彼はこれを半ば以上現場で行う。

だがひとまずそういったテクニカルなことは置いておいて、絵として純粋に魅力的だ。グレイッシュな淡いトーンに暖かいバラ色が多用されるやわらかな色彩を見ると、窓の向こうにはこんな風景があって欲しい、さらに言えば、ここに行ってみたい、とさえ思う。
抑制のきいた表現が見る者の記憶と絡み合い、リアリティをもって立ち現れてくる。
いくつかあった静物画も、小品ながら光線の描き出し方が実にいい。

また、彼の展覧会は幾度となく観ているのだけれども、そのスタイルもまた観るたび少しずつ変化していておもしろい。
具体的には以前よりもさらに抽象度が弱まり色彩や輪郭が明瞭になってきている事と、絵具ののりが厚みを帯びて力強さが増しているあたりに顕著で、これらはモロッコの強烈な日差しのもとで描いた経験がもたらした変化のようだ。

個人的にたいへん前途有望な画家の一人と思うので、お金のある方は札束を握りしめて、そうでない方もまあちょっとした目の保養に画廊へとお運びになってはいかがかと思う次第。

展覧会場を後にしてからは画家本人や関係者に混じり、二次会などに参加させてもらった。
共通の友人たちとの再会もあり、また他の画家の方との交流もあって楽しいひとときでした。多謝。

Copyright © 2004 elbro.net