前言撤回日記

つぶやき合戦

数日前からTwitterDooViiChatに参加しています。

これらが何かということをなるべくジャーゴン抜きで説明すると、「独り言公開システム」でしょうか。
このシステムにユーザー登録すると、書き込みフォームが表示されます。
いわく「今なにやってんの?」。
それに対して「コーヒー飲んでる」とか適当に投稿する。

つまり全世界の人が集まって、独り言を勝手につぶやいてる、ただそれだけのきわめてシンプルなシステム。

「これから会社」とか「なんか風邪っぽい」とか「昼ご飯はカレー」とかそういうひとことが世界中の登録ユーザーからひっきりなしに送られてくる。
高校生なんかは日頃からそういう他愛のない内容のメールをやりとりしているようですが、まあその発展型みたいなもんでしょうか。
ここひと月くらいの間に爆発的にユーザーを増やしているようです。

さらにその中で気になる人、目にとまった人を自分のウォッチ対象としてリストにadd(追加)する、という機能もあります。
誰かをaddすると自分の専用ページにその人たちのつぶやきが投稿されるたびに送られ、更新されていきます。
ウォッチ対象の人にもあなたがリストに追加したことは通知されますから、相手もあなたに興味を持てば自分のリストに追加するでしょうし、とくに興味がなければスルーするでしょう。

ひとことでよい(文字数制限がある)ので気軽に投稿できることから更新頻度が割と高いのですが、基本的には一方通行なのでみんなが飽きるのも早いかもしれません。
特定の人にメッセージを送ることもできるのでチャットのような使い方もできます。
まだ日本語の扱いに頼りない部分が多いのですが、それをおぎなう裏技もあちこちに公表されてます。
基本的には半角英数字の前後と文末に半角スペースを入れることで問題なく投稿できます。

ちなみに僕はこちらのサービスを使わせてもらって、ケータイからもチェック・投稿しています。
モバトゥイッター

どういうワケかTwiitterとDooViiChatではウォッチ対象の事を「Friends」とか「友人」とか呼んでいます。きっとそれらの単語には僕の知っているものとは違った意味があるのでしょう。

僕をウォッチする人は
Twitter
http://twitter.com/kohashi をadd、または

DooViiChat
http://chat.doovii.com/kohashi で友人に追加してください。

今のところTwitterに投稿する頻度の方が圧倒的に高いです。やっぱりあるていど人数が増えてからの方が更新頻度が高まるのでおもしろい。
ただ、DooViiChatの方はまだ立ち上がったばかりのサービスなので、何かが始まる、という高揚感はあるかもしれません。

あと超余談なんですけれども僕は素性を知らない人で、まったく投稿がない場合はリストに追加しないスタンスでおります。

Copyright © 2004 elbro.net